日記を書き続ける事の意義

私は最近、人間が日記を書く理由がようやく分かってきたように思います。我々は、たまに過去の記憶を思い出したいと思う事があります。ですが、人間の記憶力というものはそもそも限界が有るものです。
思い出そうと思って、なかなか思い出せない事も多いものなのです。思い出そうと思えば思うほど、逆に思い出せなくなるものです。つまり、人間の記憶力にも限界があるという訳です。
ですが、文字に残せば記録が残ります。もちろん日記に書く内容は主観的な要素が含まれてきます。ですが、逆にその主観によって昔の内容を思い出しやすいという事も多々有るものなのです。
したがって、できれば毎日日記をつけて一日の記録を付けておく事がベターという訳です。もっとも、それは言うのは簡単ですが実行をするのは実に大変なものです。一度習慣が付かない限りはなかなか毎日は続かないだろうと私は思います。
ただ、やはり日記は書くほうが良いですね。意外と昔の記憶が役に立ってくるという事は、多いものなのです。
そしてせっかくのデータなのですから、それを紛失しないように工夫するのも同じぐらい重要なものだと私は思います。何はともあれ、頑張って毎日記録を付ける事を継続したいものです。